FC2ブログ
ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 元女優の日々 〜第二章〜
「令和」

なんて素敵な響きなのでしょう。
しかも 掲げられた筆文字の美しいこと!
素晴らしい✴️

新元号が発表になった4月1日 は
いつもの公園で
二人と一匹でお花見をしていました。

その日 7分咲きだった桜が
今日は葉桜となり青空に映えていました。

今年の桜は まるで
一つの時代が終わるのを惜しむかのように
長く咲いています。

IMG_0569-2.jpg

散る花びらを眺めながら
平成を振り返ると
色んな想いが溢れてきて・・・


芸能の仕事を始めたのは
平成元年。
大学3年生の夏。

あの日から30年。

時代が「令和」に変わる前に
私のプロフィールと芸歴
ブログに記載することにしました。
(と言っても殆どが先日閉じたHPの引用ですが)

わお 無駄に長くて読みづらい・・・(^^;)


こうして改めて見ると
フリーになる前(橋本由香時代)の仕事が多いわ〜。
懐かし過ぎるぅ〜。
うーん 事務所の力って凄い!
関係者の皆さま有難うございました。

フリーになってからは
家庭の事情もあり
好きな舞台や好きな方々とのお仕事に
絞ってやらせて貰っていたため
生活はかなり厳しく
時間があればアルバイトをしていたものです。

IMG_0788-2.jpg

30代には 色んな別れを経験し
ひどく体調も崩し
絶望感に苛まれる日も多かったですが
元々友達に恵まれていた上に
アルバイト先でも素晴らしい出逢いがあり
ボロッボロの私は
力強く守られていたのでした。

ほんと・・・どれだけ友達に救われたことか・・・!


今思えば
フリーになって仕事は減りましたが
フリーになったから得られたものの方が
断然多かったように思います。


長〜〜いサバイバル生活を経て
今の夫と結婚してからは
専業主婦的な感じですが
たまに指名でお仕事を頂くと
嬉しいものです。
私 声だけは老けなくて。


平成元年に思い描いた大きな夢は叶っていませんが
この30年間
沢山の仕事と良い人に恵まれて
とても濃い日々を過ごすことができました。

気に掛け応援して下さった方々に
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。


書の世界にも踏み込んだことですし
今後は これまでの経験を生かし
「独創的な表現」
を目指し頑張っていきたいと思います。

追う夢って変わるものよね。ウフ。


嗚呼
書いてるうちに色々思い出して
涙が出てきちゃったワ。

ダンボールには色々詰まっていました。

出るわ出るわ。

1)懐かしい写真や手紙
2)領収書 レシート
3)契約書 説明書
4)目標や心の叫びを書いた紙
 (↑けっこう面白い)
5)全く記憶にないモノ達

1)以外はなるべく捨てようと思ってるけれど
洋服の時より仕分けが難航。
文字や数字って・・・
昔を思い出して つい手が止まります。


先日は
高田馬場で一人暮らしをしていた
30代後半頃の書類を仕分けながら
胸が一杯になってしまって・・・。

私 体調を崩して
アルバイトが出来ない時期があったんです。

色んな病院をかけずり回り
医療費が家計を逼迫。

本業だけでは食べていかれず
貯金を取り崩しながらの生活を送っていました。


納豆、卵、もやし、ブロッコリー、バナナ
という価格の優等生食品たち
そして
優しく心強い友達の存在があったから
何とか生きていたけど
それはそれは厳しかった・・・。


体調不良 体力ナシ 恋人ナシ
貯金は減る一方。

こんな状態がいつまで続くんだろうか。
どうしよう。どうしよう。
と思いながら
毎月 家賃を振込む時
ATMの前でため息ついてたなぁ。

家賃(78000円)が
スゴク重かった・・・。



現在も贅沢な暮らしとは程遠く
節約に励むの日々だけど
思い出して泣いちゃうほどの
そんな苦しい経験をしている私にとって
ATMの前で立ち尽くすことなく
安心して生きていられる今の生活は
夢のようです。
本当に有難い。


苦しかった過去を
消し去りたいとは思いません。

あの時代があったからこそ
少しの喜びを大きな喜びと思える私になったのだから。
人や様々なことに感謝出来る私になれたのだから。

あれは人生における修行の時期だったんだな。きっと。



こんな感じで
いちいち自分と向き合ってるので
作業が遅いのでーす。

ま、節目の年を迎えるにあたり
半生を振り返るのも悪くないよね。

linecamera_shareimage-20.jpg

ハンガーがたくさん出て来ましたが
今のところヘソクリは
出て来ていません。

懐かしい人
懐かしい場所
懐かしい日々・・・

慌ただしい中ですが
たくさんの「懐かしい」に再会しています。

嗚呼、嗚呼、嗚呼ーーー☆

CIMG6525.jpg

長い年月を生きて来ました。

思えば
嬉しいことも苦しいことも目一杯ある
振れ幅の激しい
ジェットコースターのような半生でした。

CIMG6528.jpg

「東京には何でもあるけど、私の居場所がない!」

這いつくばりながら号泣していた時期もありました。

財布がペッチャンコの時は
気持ちまでペッチャンコでした。

「もうダメ!振り切れちゃう!」
と思った事も一度や二度ではありません。

CIMG6529.jpg

でも
それぞれの時代に
心有る人達に巡り会い
声を掛け手を差し伸べ心を温めて頂き
今まで生きて来られました。

お世話になった皆様
有り難うございました。

CIMG6531.jpg

今や
白髪、ほうれい線、目の下のクマ
痛む関節、爽やかじゃない汗
低下する記憶力と筋力
上がるコレスレロール値など
加齢に伴う諸症状が加速度を増し
すっかりオバタリアンと化しましたが

お陰様で
何とかこうして立てています。

CIMG6524.jpg

光陰矢の如し。

今この瞬間も
次の瞬間には既に過去。

お世話になった人や
大好きな人には
「そのうちに」ではなく
会える時に会っておきたい。

CIMG6530.jpg

そして大事な人に

会いたかったよ
会えて良かったよ
また会いたいよ


と思って貰えるような人間になっていきたい。

なんて
黄昏の空を見ながら
しみじみ思う由香なのでした。


「やること山積みなのに
何をのんびりやっとるんじゃい!」
という声が飛んできそうな気配・・・。

はーい。
今行きまーす。

先日
日芸祭にヤヨと行ってきました。
15年ぶり(?)の母校は如何に?

CIMG3178.jpg

まず
江古田駅が変わりすぎ〜。

DSC_0434.jpg


ばったり会った宮ちゃん(名物教授)は

IMG_20151101_183612.jpg

変わらなすぎ~。


校舎は

CIMG3184.jpg

私たち(の親)が高い学費を払った甲斐もあり
大層立派なことになってました。

CIMG3197.jpg

今の学費は当時の1.5倍という噂。

W.C.にはウォシュレットが付き
パウダールームまで完備されているのも
頷けます。

CIMG3191.jpg

学食は同じ場所にありましたが
「Pasta」や「焼きたてパン」
という 当時には無かった文字が。

DSC_0445.jpg

あの頃は
「今日もAスパにしよう」
などと言いつつ
ゴムみたいな食感の冷えたスバゲッティーを
喜んで食べていたものでした。

CIMG3190.jpg

雰囲気が全然違うわぁ・・・。


演技コースの多くが所属していた
手相研究会を探しましたが見当たらず
こんな見慣れぬ研究会に行き当たりました。

「コスプレ研究会」

CIMG3188.jpg

時代ですね。

とにもかくにも
新しい日芸のインパクトは大。

CIMG3200.jpg

垢抜けたのは良いことですが
学生達が行儀良くなりすぎてる気が・・・。

時代かしら?
私、おばちゃん目線かしら?



しかし街には
全く変わらない処もあった訳で。

DSC_0432.jpg

懐かしいわ~~~。

CIMG3172.jpg

通い倒したわ~~~。

CIMG3167.jpg

くうぅ~~~。
思い出が一杯。

CIMG3169.jpg

四半世紀前の私が
思わずピョンと飛び出し
ニコッと笑うのでした。