ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
私にしては早い時間に起き、眠い目をこすりながら走って英会話へ。
前回のレッスンは、仕事が入り欠席したので久々です。

「Good morning. Long time no see」
と口の中で確認しながら教室へ。

が、しかし、誰もいません。
「・・・へ・・・?」

今日は・・・第一月曜日か・・・。
日にちを間違えたわ。

ひょえ〜〜。一気に目が覚めた〜〜。

事務局の人に
「来週お待ちしてます」
と気の毒そうに言われながらセンターを出ました。

落ち込んでいても仕方ないので買い物を。
きゃっ、大きな大根が98円!ラッキー☆
と思いきや
帰路、その大根が袋を派手に突き破り、ピンチに。
雨の中、抱えながら帰宅。

DSCF7727_20140708010152500.jpg

妻の早い帰宅に驚くハモラーと、喜ぶ安奈。

「日にち間違えた」
「またか。このヌケ作三太郎(間抜けの意)!」

ええ、ええ、私はマヌケでウッカリ者よ。
何とでも呼ぶがいいさ。
そこに愛があるならば。

仕事や人との約束ではこんな間違いはしないんだけど
自分の事には隙だらけ。



午後は、お中元を持ってハモラーの実家へ。

今日の出来事を話すと
「ゆかさん・・・まだ若いのに・・・」
と、義母に本気で心配されてしまいました。

こんな嫁でごめんね。お母さん。
でも、お義姉さんがしっかり者だから
足して2で割ってちょうどいいでしょ?

軽い頭痛を感じながらも出されたお菓子を完食。


家に戻って散歩と家事三昧。

お風呂に入って頭痛は治まったけど
空も私も厚い雲に覆われた一日だったな。

今日は七夕だというのに。