ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
昨日書いたのが消えちゃった。

誤字を見付けたのでスマホからログインし
一文字直したつもりが
何故か、記事ごと削除してしまったみたい。

とても大きな衝撃と悲しみを書いていました。

書き直す事はしませんが

DSC_1777.jpg

4日、呆然としながら見た西の空だけ
再び載せてみました。


「何を辛気くさいこと書いてるんや。アカンアカン」
って
カルイチが私の指をチョイって動かしたのかもしれない。
なーんてね。


ちょいと訳ありで昨日と写真がダブってます(8/23 追記)

頬を撫でても、耳元で大きな声を出してもダメだった。
大好物の鰻を顔の前に差し出してもダメだった。

約束が果たせなかった。

DSC_1777.jpg
4日 西の空

もう、一緒に歩くことも一緒に空を見ることもないのか・・・。

カルイチよぅ。

一夜明けて涙は出てなかったのに
新聞で名前を見付けてしまい、悲しい気持ちが戻ってしまった。


昨日今日、どういう訳か
友達から嬉しい電話や楽しいメールをたくさん貰い
それがいちいち心に沁みた。

大事な友達を失ってしまった時に
私にはたくさんの良い友達が居てくれるって事を再認識。
みんな大好きだ。


さりげなくハモラーが慮ってくれているのも感じる。
ありがたい。



くうぅ、蕁麻疹が出て痒い。
私の体って正直すぎるな。


このブログは基本的に
バカバカしくて楽しい事を中心に書くつもりでいるのだけど
深く悲しい時もね。
あるのよ。実際。

先日、ハイビスカスを買いに行った際
大輪の花を幾つも付けてるのに目が釘付けに。
うわぁ、何て品の良いピンク!何て華やか!

買おうと手を伸ばすと
左下にチロッと何か小さいのが見えました。

思わず二度見。

え・・・キミも・・・ハイビスカスなの?

それにしても小さい。小さ過ぎるっ。
花は咲いてないけど「イエロー」らしい。

一株だけ「379円」という他の追随を許さぬ廉価。
それはそれは地味で所在なさげで。

DSCF8116.jpg

結局、縁を感じそれを連れ帰ることに。

さ、思う存分、陽に当たるのだ〜。
ポットは大き目にしといたから。
大き過ぎるって?
我が家には安奈という、花にヤキモチを焼く女子柴がいてね
低い位置だとやられるんだよ。

名前は「ロマンス」にしよう。
何か不満でも?

DSCF8147.jpg

お、初めて咲いたね。
見本の写真とイメージがチト違うけど可愛い〜〜。

いっぱいお水と肥料をあげるから大きくなあれ。
ちゃんと越冬しようね。私のロマンス。