ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
愛車(自転車)を引き取りに行ってきた。

一昨日
「駐輪場」と書いてある場所に止めたはずなのに
用を終えて戻ると陰も形も無くなっていた。

泣きっ面にハチかー。

盗難に遭ったと思って落ち込んでいたのだけど
「もしや」と思い役所に防犯番号の照会をしたらビンゴ。

放置自転車扱いとなり、回収されてました。

担当の人に時間と経緯を聞いたところ
どうも、誰かに別の場所に退かされてたっぽい。
よくあることらしい。

それにしても、よくあの短時間に!
油断大敵だな。



二日ぶりの再会。

ヤツは沢山の自転車の中で寂しげに待っていた。
少し怒ってるようにも見えた。

「これです。これです!」
と引っ張り出して改めて見たら
すっごい錆だらけだった。

管理が行き届かなくてゴメンね。
ちゃんと手入れして大事に乗るから
これからも私を運んでね。


無事家にたどり着いた時、ちょっと感動した。