ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
夕飯の洗い物をしていると
視界の左下に黒く光る物体発見。

すわっっっ。

出た。ヤツだ。
ゴキタローだ。
我が家ではゴキブリをそう呼んでいる。

実は一昨日も見かけたのだけど
驚いてヒャーヒャー言ってるうちに
逃げられてしまっていたのだ。


今日こそは!


ヤツは静かにこっちの出方を伺っている。

ここで慌ててはいけない。
静かにハモラーを呼んだ。

右手にスリッパ、左手にキッチンペーパーを携え
「任せとけ」
と素早く良い位置に着いたハモラー。

だけど・・・腰つきが不安定すぎるぅっ。

そうだ。
彼は私以上にタローが苦手なんだったー!

●お風呂の排水溝に引っ掛かっているヤモリの赤ちゃんを素手ですくい「危なかったな」と声を掛けて窓から逃がす。

●雨の日、玄関前に鎮座していた大きな蛙を捕まえ、自転車で川まで運び「元気でな」と声を掛けて放す。

など、生物絡みで優しく男らしい実績をあまた持つ彼だけど
タローだけにはトラウマがあるらしい。


果たして、こんな私達で大丈夫なのか。

怖い。

でも、怖いからこそ見逃すことは出来ない。


緊迫する時空。


カサカサカサ。

口火を切ったのはタローの方だった。
少し開いていたシンク下の引き出しに逃げ込んだのだ。

「ぎゃっ!」「はっ!」
と、それぞれ短い叫び声を上げながら駆け寄る中年夫婦。

次の瞬間
私のどこにそんな勇気があったのか不明だが
引き出しごとズバッと抜いて
ハモラーの前にドーーーン!

タローは這い出てハモラーの正面へ。
チャンスだ。

「頼む!」
「ばっちこい!」

そして
キッチンペーパーでキャッチした・・・かと思ったら
見事にトンネル。

「もうもうもーーーぅっ!後ろ後ろ!」
「なにぃ?!こんにゃろ!」


ドタバタドタバタ。


タローは命を。
ハモラーは主としての沽券を。
それぞれ大切なモノをかけた戦いだった。

そして、勝負はついた。

すまん。ゴキタロー。

今度また生まれて来るとしたら
クワガタやカブトムシみたいに
大事にされるのになるといいね。

もう二度とこんな戦いはゴメンだわ。

DSCF8682.jpg

ロマンスは順調に毎日咲き続け
今日なんて二つ同時に!

最近は見本通り花弁の中心がちゃんと赤いの。


ああ、我が家の様々な生物達。

親戚の葬儀から帰宅すると
ひらいさんからの郵便が届いていました。

つい数日前に丁寧なハガキを頂いたばかりなんだけどな。

DSCF8696.jpg

中には、手紙と写真が入っていました。

「昔の写真がひょっこり顔をのぞかせて
ゆかさんの笑顔が出てきました。懐かしいかも」
と。

ひらいさん、カルイチの部屋の片付けを始めたんだ・・・。



スケッチブックとカメラを抱えて凄い笑ってるなぁ。
30超えてるのにブランコ漕いでるし。
なんて無邪気アホっぽいの?!

この頃
私生活はどっちを向いても辛い時期だったんだけど
カルイチと仕事をしてる時はこんな風に笑ってたんだな。
ガハハハハー。
ほんと懐かしい。


カルイチーーーーっ!!!
ひらいさーーーーんっ!!!
うぉぉーーーーーーんっっっ。


安奈は
喪服姿で泣いたり笑ったりしている私を異様に思ったのか
背後でオロオロ〜うろうろ〜。

ハモラーが安奈に
「母ちゃんは泣き虫なんだぜ。あっち行こ」
と言い、そっとしておいてくれたことに感謝。

大好きな叔母さんが亡くなって彼も辛いはずなのに。


ひらいさんもハモラーも優しいんだよねぇ。
くぅぅぅ。

高校時代の友達が仕事で上京するというので
在京組の女子数人で迎えることに。

今日もお腹と顔が痛かったけど
この会合を凄く楽しみにしてたんだもの。
出来る限りのケアをしてGO GO GO!

DSCF8604.jpg

あ、在京組見〜っけ。

お互いの姿を確認しただけで何故か爆笑。
体調不良の話題から入ったのにお腹を抱えて笑い
話しが噛み合ってなくても構わずゲラゲラ。

箸が転がるだけで笑い転げた時代はとうに過ぎているのに
なんでこんなに可笑しいんだろう。


そして、ちょっと遅れて真打ち登場。

きゃー、久しぶりー。髪伸びたねー。
でも全然変わってな・・・・・んんっっ?!
なによ。その装いは?
大人AKBみたいやんか。
で・・・なんで似合ってるのよ。
めっちゃカワイイやん。
反則?奇跡?
え、いつもこんな格好で講義してるって?
明日の学会もこれで?

いいねぇ〜☆

こんな大学教授、凄くいい!!
私も講義受けたくなっちゃうわ。

ふむふむ。話し方は変わってないけど
内容が幅広く深く鋭く面白くなってる。
着眼点と表現力には脱帽です。

いとおかし。
会いに来て良かった〜〜〜☆

DSCF8610.jpg

思い出しただけで楽しい。
お酒一滴も入ってなくてこのノリです↑

ああ、玉川高島屋前が神戸弁で賑わうなんて。


シャッターを押している時
それぞれのセーラー服姿が一瞬にして蘇り
胸が詰まりました。


卒業して幾年月。

みんな大人になったし、苗字も変わったね。
私以外は、子供や学生を育てていて
なんだか不思議〜。

ねえ
新しい年号が「平成」に決まった時、誰と居た?
20世紀から21世紀になる時、何処に住んでた?
初めて白髪を見付けたのは何歳の時?
ねえねえねえ。

バラバラに生きてきた同級生が
今日、2014年9月5日という日に
東京の二子玉川で爆笑し合えてる事実が
激しく嬉しいわ。


これからもみんなが元気で
幸せに笑い続けられますように。
私も一緒に笑えますように。

9月は「嬉しい気持ち」で始まりました。



「突然の悲しい別れ」があり気分も体調も急降下。

今日は胃腸科と皮膚科へ。
くぅぅぅぅぅ。


明日久しぶりに会う友達に
ゲッソリした姿を見せたくないーーー!

DSC_1958.jpg

お友達の女子柴に帽子を借りた安奈だけど
・・・可愛い < 面白い・・・

ああ、下がり眉毛。