ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
2日(月)

仕事があっという間に終わり
ヘアカットの時間までかなり空いた。

リエちゃんをランチに誘おうかしら?
でも、あまりに急だしなぁ・・・
と迷っている内に
ヘアサロンのある原宿に着いてしまった。

そうだ
久しぶりに明治神宮を参拝しよう。
ウォーキングと森林浴も出来るしね。

CIMG0086.jpg

ああ、何という清々しさよ!
ル〜ララ〜ル〜ララ〜。

お気に入りの木の横に佇んでいる時
リエちゃんからのメッセージに気付いた。

うわっ、すごいタイミング。
私達、心のLINEも繋がってる?!
おや
彼女 今日は時間があった模様。
今度からは迷わず連絡するする〜っ。


そういえば、私
自分から人を誘うという事が殆どない。
見かけによらず相当受け身な性格だ。

かと言って流される方でもない。

・・・と思っていたが
今日のランチは流されてしまい
我ながら驚いた。


明治神宮前を出て信号待ちをしている時
隣に
「ヨシヒコちゃんが騙されている」
という話で盛り上がっているご婦人達がいて
私は
その圧倒的なパワーに巻き込まれるように
何となく付いて行ってしまい
気が付くと
レストランに一緒に入っていたのだ。

孵化したてのヒナ?

ハッとして
静かに逃亡を図っている最中
お店のスタッフに
「お一人様ですか?」
と聞かれてしまった。

敷地まで入っていながら
「いえ別に」
と答える訳にもいかなかったし
かなり空腹だった。

「はい」

と答えた私にスタッフが説明を始めた。

そこはビュッフェのお店だった。
知らなかった。

私は一人で何処でも入れる女だけど
一人ビュッフェは初めてだった。

CIMG0051.jpg

最初は戸惑いもあったが
すぐに馴染んで何度もお代わりに行き
モリモリ食べた。

私、体調が良くなってきてるなぁ。
よしっ。


あの方達は横を通るたびに
ヨシヒコちゃんの話をしていた。

全然知らないけど
ヨシヒコちゃんには幸せになって貰いたい
と強く思った。

CIMG0056.jpg

満腹になった後
人混みを避けつつ原宿を散策。

目的も無くウロウロするのって
学生時代以来かも。
楽しい〜。


サロンに着く頃には
万歩計は五桁になっていた。

クタクタ状態でヘアカット。
10センチ切ってもらってスッキリ。


わお
一人で5時間も原宿にいたわ。


午前中に仕事があると
一日が長くて楽しくて得した気がする。