ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
先日
ハモラーが国内で唯一
「いつでもご飯を食べたい」
と思っている希有な存在YY夫妻と
二子玉川で夕飯を共にしました。

普段
外食も会食も少ない我が家。
夜の外食は何と今年初。
夫婦揃っての会食は九ヶ月ぶり。
しかも
その相手は今日と同じYY夫妻。

どんだけぇ〜〜?!

とにかく
我が家にとっちゃ大イベントでして。

ハモラーは張り切り お昼に洗車。
でも夕方からまさかの雨。
ひょえ〜〜〜。

それでも気分はウキウキさ。

我が家の愛車(国産・平成8年式)は
軽快に雨の中を走りアッという間に到着。

電車だと時間が掛かるけど
車だと早いなぁ。

CIMG1079.jpg

「Bistro Tama」の奥のソファー席で
夜景を眺めながらワクワクしていると
YY夫妻が御入店。

ん?顔が・・・なんか疲れてる?
今日もお仕事お疲れちゃんだよぅ。

しかし
仕事の疲れだけではなかったのです。

CIMG1082.jpg

この短期間の間にYY夫妻家は
数々の不運に見舞われていたのでした。

その一つ一つが
まるでよく出来たフィクションのよう。

鳥肌立ちまくり。

でも
絶妙な話し方と豊かな表情により
メッチャ面白く聞こえてしまい
同情しながらも爆笑。
ハモラーは顔をクシャクシャしにて大爆笑。

声を出して笑うハモラーを久々に見ました。

夫婦漫才か?!


森の奥の苔むした大岩石が
天変地異と人情によって
ゴロッと転がった感じ。


CIMG1084.jpg

度重なる悲劇を
夫婦が手を携えつつ乗り越えてきた様子が
目に浮かびました。

「悲劇」「コメディ」「夫婦愛」

この三つの部門で賞をあげたいわ。


自分がボロボロな時でも
相手に要らぬ気を遣わせない。

そういう思い遣りのある人達だから
(あの)ハモラーがいつだって会いたいのよね。
もちろん私もいつだって会いたい。

たまにはこうして
夫婦の年輪を感じ合おうな。
友よ。


根っからのホスピタリティー精神に
刺激と癒しをもらいました。
サンキュー。


これ以上
理不尽な事が起こらないよう祈っているよ。