ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
先日
ヤヨ宅で「枯れ葉会」を満喫!

猛暑と多忙でヨレヨレでしたが
食べて笑って一気に生き返りました。

1438526071609.jpg
photo by yayo


<第一幕>

お洒落で激ウマな手料理の数々。

エッグスラット
温野菜バーニャカウダー
ラグーのパスタ
カボチャの冷製スープ
ダッチオーブン/チキンと野菜
etc・・・

時間に合わせて
ポップオーバーなんて焼いてるし
サーモンのなんちゃらって
美味しいディップソースも出てくるし・・・

CIMG2218.jpg

飲み物だって
見た事がないアルコール類や
デキャンタ入りのルイボスティーなど
我が家にはないものばかり。

「ひょ〜え〜〜〜!」
「なんじゃこりゃ〜!」
「どうやって作るの?」
「全部美味しい〜〜〜!」

と大騒ぎしながら満腹に。

テーブルコーディネートを含め
どれもレベルが高すぎるっ!

2015-08-05-13-36-49_deco.jpg

<第二幕>

DVD鑑賞会。

何を見せてくれるのかと思っていたら

なんと
我々 枯れ葉隊による
これまでの披露宴余興の様子や
懐かしい集会の一コマなどが
大型テレビに
次々と映し出されるではありませんか。

ああ
こんなサプライズも用意してくれてただなんて!
スペシャルすぎる〜〜〜!

CIMG2228.jpg

今は昔
私達が30を過ぎた頃
結婚はおろか彼氏もいない
大学の仲良しメンバー同士が
自虐気味に「枯れ葉」と呼び合い
しょっちゅう集っておりました。

その後
メンバーのマユちゃんの披露宴で
「出し物」を依頼され
「枯れ葉隊」として余興デビュー。

芸術学部で学んだ要素を組み入れつつ(?)
被り物と小道具を駆使し
青年の主張のように声を張り上げ
「脱・枯れ葉」を祝う女達。

美しい言葉は欠片もないけれど
共同で創り上げた渾身のその余興は
会場の爆笑を誘いました。

そして、新婦が笑い泣きしながら
とても喜んでくれたことで
私達は味をしめたのです。


以降
メンバーの披露宴の度に出動し
どんどん間とキレが良くなっていった
枯れ葉隊。

ナマハゲのように
子供には号泣されてしまう枯れ葉隊。

だけど
複数の有名アーティストにまで
「面白かったです」
「一緒に写真を撮って下さい」
と言われちゃう枯れ葉隊。


仲良し同級生からアホ友に進化する
一つのきっかけとなった枯れ葉隊・・・。

CIMG2235.jpg

ここ数年、出動していませんが
ヤヨ宅で懐かしい映像を見ながら
思わず体が動いちゃいました〜。
フフフフフ。

7人でで爆笑しているところへ
今は海外に居るメンバー2人と
うまくLINEが繋がり
何年かぶりに
枯れ葉隊フルメンバーで
絡む事が出来ました。

いやぁ
文明の進化って凄いですね。

学生時代は
家電と江古田駅南口の伝言板が
主な通信手段だったのに・・・。

枯れ葉 今昔。

CIMG2226.jpg

このホームパーティー
準備だけでも相当ハードだったはず。
多忙な日々の中
こんなにも時間と手間を掛けて・・・嗚呼!

ヤヨの
粋で手厚いおもてなしのお陰で
舌も心も大満足の一日になりました。
本当にありがとう。

齢を重ねカサカサしてるところに
こういうのって効くんだな〜。


アホ友よ永遠なれ。