ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
八月最後の日。
朝一番に
非常にガッカリする電話を受けました。
「え・・・?!」
暫く言葉が出てこないほどの衝撃。

興味が無いモノを強く勧められ
不信感が拭えぬまま押し切られて購入。
蓋を開けたら
ドッカン。

この半月ほどの流れを
遠くからちゃんと見ていたハモラーが
失笑しながら言いました。

「オレはわかってたよ。
でも敢えて注告しなかったんだ。
オマエの金だし。
しっかし、いい歳して・・・アハハハ。
高い勉強代だったな」

こうも言いました。

「あれだけ嫌がってたのに
何で気持ちが変わったんだ?
『直感は誤らない。誤るのは判断だ』
この言葉をオマエに贈る」

ああ、耳が痛い。

業界最大手の安心感。
新入社員の熱意。
ベテランの巧みな話術(思い返せば詭弁だらけ)。
無知でブレブレのアホな私。

・・・空しい・・・。

「オマエ、絶対向いてないからな。
やっとわかっただろう」

うん。痛いほどわかった。

この案件をとりあえず何とかしたら
すっかり手を引くとしよう。

ああ、怖い怖い。
イタタタタ。


IMG_20160826_224427-2.jpg

おかしい。
今日の牡牛座の運勢は 93点(2位)
のはずなのに。

ショックを引きずりつつ迎えた午後。
クラゲのように家の中を漂っていると
先輩からメールが。

なんと珍しい。
というか初めてじゃないかしら。
ビックリ!

どうやら、先日
「はしもとゆか元気にしてるかなぁ?」
と同窓生の間で話題になったそうで。
うきゃ〜〜〜。

卒業して四半世紀も経つのに
フルネームで私のことを覚えていて
気に掛けて下さった方々
・・・お有難うございます。

失敗と挫折をくり返し
愚かなまま更年期を迎えましたが
何とかやってます。

朝から空を見上げる余裕がないほど落ち込んでたものの
お陰で一気に気分が晴れましたー☆

ああ、今日は空がこんなに青かったんだ。
百日紅の色が映えるわぁ。


私はお金には縁がないけれど
人とのご縁に救われる運命だなぁと
つくづく思ったなり。

振れ幅の大きい濃い一日であった。