FC2ブログ
ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
今日で11月も終わり。

「明日から師走だなんて信じられない!」

と、毎年11月30日に
同じ言葉を叫んでいる私です。

CIMG6902.jpg

最近
朝起きると安奈が私の布団の中に居ます。
密着しているので
ホッカホカで目が覚めます。

真横にワンコの寝顔があることが
私にとっては凄く幸せ。

寒い時期は苦手だけど
この温度と距離が得られることが
私にとって冬のご褒美。


彼女は明け方の一番冷える頃に
潜り込んできます。

前のシーズンまでは
「母ちゃん、入れて〜」
と私の額を
冷たい鼻で何度も突いて起こし
布団を開けさせて「IN」という
流れでしたが

今シーズンからは
自力で入れるようになったみたいで
気付くと隣りで寝ています。

実は睡眠の途中で起こされるのが
苦痛だったのでホッ。

良かった〜。
成長したなぁ。

CIMG6900.jpg

とは言え
布団の中央を乗っ取るのはやめて頂きたい。


何様?
安奈様

信じられない。
だいぶ積もりました。

つい数日前は
20℃の小春日和だったのに。

ギャップが激しい。激し過ぎる。
寒いよ〜〜〜。

CIMG6846.jpg

元気に咲き続けていた日々草の花が
雪で覆われて見えません。

今日でお別れ?

夏の花だし、仕方ないかな。
また来年ね。

CIMG6838.jpg

この辺りで
11月の積雪というのは
54年ぶりだそうです。

う〜ん
年々秋が短くなってきているみたい。

CIMG6844.jpg

インフルエンザやノロも
流行ってきたみたいだし
体調管理頑張ろうっと。

旧友とその子供達に
物凄く幸せな気分にさせて貰いました。

短時間に。続けざまに。

IMG_20161120_204232.jpg

こんな重大な場面に立ち会えた事が
とても光栄で。

ありがとう。
ありがとう。

それぞれの未来に乾杯☆

行って来ました。

IMG_20161114_221847.jpg

私は毛筆のみ受験なので13時開始。

12時20分頃に到着し
「早く着いちゃったな〜」
なんて思いながら教室に入った途端
墨の匂いがムワッ。

幅広い年齢層の方々が
既に着席し
黙々と墨を摩ったり練習したり
参考書をチェックしたり。

静かではあるものの
既に熱気ムンムンではありませんか!


指定された席に着く折に
隣の御婦人をチラリと見ると

「そ、そんなの何処で売ってるの?」

というような立派な硯に
高級そうな筆を浸し
秋の季語を書いておられました。

それが どえらい達筆で。

マジですかーーー?


慌てて準備に取りかかったものの
墨汁を注ぐ際
珍しくこぼしてしまって・・・

そう。手が震えていたのです。

動揺している自分に気付き
青ざめる私でした。


ああ、どうなることやら!


<つづく>

懐かしい人
懐かしい場所
懐かしい日々・・・

慌ただしい中ですが
たくさんの「懐かしい」に再会しています。

嗚呼、嗚呼、嗚呼ーーー☆

CIMG6525.jpg

長い年月を生きて来ました。

思えば
嬉しいことも苦しいことも目一杯ある
振れ幅の激しい
ジェットコースターのような半生でした。

CIMG6528.jpg

「東京には何でもあるけど、私の居場所がない!」

這いつくばりながら号泣していた時期もありました。

財布がペッチャンコの時は
気持ちまでペッチャンコでした。

「もうダメ!振り切れちゃう!」
と思った事も一度や二度ではありません。

CIMG6529.jpg

でも
それぞれの時代に
心有る人達に巡り会い
声を掛け手を差し伸べ心を温めて頂き
今まで生きて来られました。

お世話になった皆様
有り難うございました。

CIMG6531.jpg

今や
白髪、ほうれい線、目の下のクマ
痛む関節、爽やかじゃない汗
低下する記憶力と筋力
上がるコレスレロール値など
加齢に伴う諸症状が加速度を増し
すっかりオバタリアンと化しましたが

お陰様で
何とかこうして立てています。

CIMG6524.jpg

光陰矢の如し。

今この瞬間も
次の瞬間には既に過去。

お世話になった人や
大好きな人には
「そのうちに」ではなく
会える時に会っておきたい。

CIMG6530.jpg

そして大事な人に

会いたかったよ
会えて良かったよ
また会いたいよ


と思って貰えるような人間になっていきたい。

なんて
黄昏の空を見ながら
しみじみ思う由香なのでした。


「やること山積みなのに
何をのんびりやっとるんじゃい!」
という声が飛んできそうな気配・・・。

はーい。
今行きまーす。