ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
私は責任感や使命感が強いのだけど
力不足だったりメンタルが弱かったりで
頑張っても空回りして
果たせないことが多い。

そして、結局
心が広く実力のある人達に
助けてもらう運びになる。

出来る人は大抵
各方面から必要とされていて
凄いボリュームの責任や仕事を抱え
いつだって大変な状況なのに
私のために気持ちや時間を絞り出してくれるのだ。

有難さに包まれる日々。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

私は幸せ者だなぁ。

本当にありがとうね☆

いやはや
名ばかりの「先輩」でお恥ずかしい。

後輩に心配や面倒を掛けない
そんな「ゆか先輩」に
いつになったらなれるんだろうか?


IMG_20170219_200407.jpg
親戚んちのニャンコ