FC2ブログ
ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
今月 第二週までは絶好調で
心躍るような事が沢山あり
調子づいていたところ

第三週は 著しく体調を崩してボロボロ
第四週は 溜まった物事をこなすのに精一杯
第五週は 普通に炊いたご飯の美味しさに唸る

という展開に。

もうビックリした〜〜〜。
しんどかった〜〜〜。


まだアチコチ痛むものの
複数出来た顔のブツブツも治り
普段の生活を取り戻しています。

空や花を眺める余裕も出て来ました。

IMG_2017-03-31_23-43-28.jpg

「寒い」「苦しい」「痛い」

そんなマイナスの日々が続くと
ホント参っちゃいますが
そんな時だからこそ
見えたり分かったりすることもありますね。


明日から新しい年度。
気持ちも新たに歩んでいこうと思います。


こんにちは。
今日も安奈がお伝えしまーす。

ちなみに 今
犬生で最も太ってるんだよ(9.6kg)。
エヘヘ。

CIMG7821.jpg

手に挟んでいるのは枯れ葉です。

CIMG7821 - バージョン 2

前回のレポートの翌日から
母ちゃんとの散歩が再開しました。

「お粥とウドンの生活にも飽きたわ〜」
なんて言ってるけど
安奈なんて毎日同じドッグフードなんだよ。
贅沢だわ。

ま、もうすぐ
普通のご飯が食べられるようになるんじゃない?


色んな事が溜まってて
こなすのが大変みたいだけど頑張って〜。

安奈は案外忙しいから手伝えないのよ。
ごめんね。

CIMG7820.jpg

そうそう
母ちゃんが自分の為に買ってたヤツ↑を
今日は父ちゃんが飲んでたよ。
たくさん買ってて良かったね。


お三時に母ちゃんが
右手でカステラをつまみながら

「健康の大切さを痛感するわ〜。
安奈、元気でいてくれてありがとう」

って 左手で安奈を撫でてくれたの。

安奈も小指の先くらい
カステラもらって食べたよ。

「この一口がいけない」
らしいけど
甘くて美味しかった〜。


桜の開花宣言も出たことだし
今年もお花見に行こうね〜。
楽しみにしてるよん☆

は〜い。安奈で〜す。

IMG_20170319_152234.jpg
先週のフォトジェニック

母ちゃんは この一週間
体がヘッボヘボでね
横たわりながら
「うぅー」とか「あぁー」とか
言うもんだからさ
安奈は心配で熟睡出来なかったわ。


散歩もずっと父ちゃん任せ。

「テンテキ」っていうのをしに
出掛けてたのに散歩は出来ないなんて
チョットおかしくない?


昨日からようやく
変な声を出さなくなったし
「お粥」や「うどん」が
食べられるようになったみたい。
でも 今回 梅干しは
胃に沁みるからNGなんだって。

早く 今まで通りの
「何でもガツガツ食べる母ちゃん」
に戻りますように。


「明日からまた一緒に散歩しようね」
って言ってるけどホント?
ムヒヒヒ。頑張ってね〜。

顔のブツブツも早く治してね〜。



DSC_2578.jpg
またもや枕元で看護する柴犬

不思議なメンバーで会食 in 新宿。

お忙しい中 時間を繰り合わせてのご参加
有難うございました☆

IMG_20170308_002952.jpg

面白すぎてあっという間に時間が経っちゃった。
もっともっと聞きたかったし話したかったなー。

様々なタイミングや人との出逢いなど
偶然だと思えるようなことが実は必然なんだ
と改めて痛感。

いやぁ、良い夜でした。

誤字と戦いながらの
検定再挑戦でしたが

二級合格しましたーーっv(^0^)v

ご指導、ご協力、激励を
ありがとうございましたーーっ。

努力が苦手な私にしては
よく頑張ったと思います。

努力が実るってこんなに嬉しいんだ!
この感覚しばらくぶりだわ・・・。
ルルラララ〜〜〜♪


一度落ちて良かったんだと思います。

ちょっと勉強して
いきなり受かったとしたら
私の性格からして
書の道を舐めた筈です。

そして
真面目に進むことを止めたかもしれません。

落ちて、自分でも驚くほどの
ダメージと疑問符を抱えたからこそ
次への意欲が湧いたのです。


今の先生に
「どこが弱点なのか」
ということを的確に指摘して頂き
教えを受ける中で
書への気持ちだけではなく
私の中で眠っていたものが目覚めて
動き出したような
過去と現在と未来が繋がるような
何かを突き破るような感覚が得られていて
とても不思議です。

これって何だろう?
酔ってるの?
高揚感?
ま、いいか。


不思議な感覚と共にもたらされている現実もあります。

それは
「私には書を極める素質はない」
ということ。

上級者に囲まれて書いていると
ハッキリとわかります。

ただ
やればやるだけ上達することは確かなこと。

そして、それ以上に

納得するまで学び続けることによって
自分自身が変化するだろうという
妙な確信があるのです。

どうなっていくのか ワクワクどきどき。

CIMG7782.jpg

次は準一級ですが

苦手な「草書」は読むだけではなく
手本なしで書かねばならないし
「変体仮名」も「書道史」も何もかも
広く深く勉強せねばなりません。

古典学習の計画を立てなきゃ・・・。



そうそう、次に進む前に

合格祝いと景気付けを兼ねて

CIMG7781.jpg

読みま〜〜〜す。