ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
マーコが弾丸帰国し 新宿で集まった。

彼女が日本を離れて随分経った。
壮行会をしたのも新宿だった。
人生のビッグニュースを聞いたのも新宿だった。

私達は渋谷や青山ではなく
江古田や新宿がしっくりくる。

CIMG1691.jpg

新宿の街も随分変わった。

大学一年の前半だけ
マーコと通ったディスコは
とっくに姿を消し
今はその跡地辺りにゴジラがいる。

ナンパとチークダンスを断固拒否しつつ
本当によく踊ったなぁ。
時はまさにバブル絶頂期であった。


今はみんな環境も立場も変わったけれど
それぞれに奮闘し進化し続けている。

逞しい大人になった友人達を見ていると
凄いなぁ。良かったなぁ。
と思うと同時に
懐かしい記憶が蘇る。

CIMG1699.jpg

私達は 昔も今も
殆ど誰もアルコールを摂らない。
なのに
ずごいテンションでアホ話が続き
いつも笑い過ぎて腹筋が痛くなるのだ。

ギャハハーッ!ウヒィーーッ!


楽しい分 別れがいつも辛い。

「家族とべガスで待ち合わせだ」
という言葉を嫌みなく残して
マーコは去っていった。
なんてワールドワイド。


元気でまた会おう。


その時迄には
体の不調やなんかを理由にしないで
幾分かは進化し 歳なりに輝く私でいよう。
と思った。