ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
昨日の午後
友達と小一時間会って近況報告。

私は彼女に
書道について結構語りましたが
このところ全然筆を握ってない上に
この記事のつづきも書いてなくて・・・。

口だけ番長?


間が空いちゃいましたが
「つづき」書きまーす。

CIMG6847.jpg
検定で使用した筆
大きい筆は小6の時
書道の先生に頂いたものです



試験開始前に
雰囲気に呑まれそうになった私は
堪らず廊下へ飛び出しました。

何度も深呼吸をし
昔 舞台の本番前にやっていた
こんにゃく体操を実施。

動悸が収まっていくのを感じた後
自分自身に言い聞かせました。


ねえ、何びびってんの?
よく考えてごらんよ。
今ここに居られるだけで嬉しいんじゃないの?
色々あって今日来られるかどうか
直前までわからなかったんだよね?

でも来られた。
それだけで幸運だったのよ。

とても元気だし。

毎年この時期は体調を崩しがちで
一年前の今日なんて
酷い風邪をひいて寝込んでたよね?

ハハハ〜。


それにさ
私は何も背負ってないのよ。
今日は自分のためだけに
書道をしにきたのよ。

一ヶ月半前に受けた講習
楽しかったよね?
あの日以来
家で楽しく沢山書いてきたよね?

上手く書けなかった字が
少しずつ書けるようになった喜びを
随分味わったよね?


理論の勉強が難しくて辛くて
途中で何度も気持ちが離れたけど
書く事はやっぱり好きだよね?

一ヶ月半
いや、実質3週間くらいだけど
自分なりにやってきたじゃない。

参加する事に意義が有る。

今日は受からなくてもいい。
目一杯楽しもう。

ね!

注意することは二点。

☆ 丁寧に書くこと
☆ 課題を全て提出すること

よっしゃーーー☆
気が楽になったーーー☆

CIMG6746.jpg
一ヶ月半で150枚くらい書きました

楽しむモードになった私は
試験が始まってから
まずは理論問題に取り掛かり
順調に書き込んでいきました。



草書が読めそうで読めず
15分位で終わらせる予定だったのに
気が付くと30分経過。

私が受ける2級は
理論と実技あわせて120分。
実技は6つの課題を清書して出さねばなりません。

よし。
他は大体出来たし
この際、草書問題は捨てよう。


さあ、実技だよーー!

私は最も時間が掛かる
掲示文から取りかかりました。

わーーーっ、楽しい!

丁寧に。
誤字が出ないように。
丁寧に。

すると
家では書けなかったような
素晴らしいポスターが出来上がったではありませんか!

文字もレイアウトもすごくイイ。
惚れ惚れ☆
私、書けるじゃない!


すると
封印した筈の気持ちが顔を出しました。


「受かりたい」


しかし、時計を見て驚愕。
一枚書くのに30分も掛かっていたのです。

丁寧に書き過ぎたー。

この調子じゃ
残り5枚を提出することすら危うい!

「時間に追われながら書く」
という練習が全く足りなかったのです。

アワワワワー。

その後
再び震え出した手で5つの課題を
必死に仕上げ何とか出しましたが
「丁寧」とは程遠い感じで・・・嗚呼。


終わって暫く放心状態に。

入室が最も遅かった私ですが
20分くらい全く動けなくて
出るのも断トツで遅くなりました。

CIMG6750.jpg
仏壇にお参りする安奈


帰り道
ヨーコちゃんに連絡。

違う会場で別の級を受けていた彼女も
手が震えたそうです。
えー、ヨーコちゃんも震えたなんてー。

妙に盛り上がっちゃった。


いやしかし
実に刺激的で楽しかったわ。

また受けるぞーー。


ちなみに今回の合否は
今月半ばに判明します。
理論は大丈夫な気がするけど
実技がちょっと厳しいかも。

あー、どっちも受かってますように!