ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
親戚をサポートする為に
東京を離れていました。

IMG_20170811_203126.jpg

慣れない地での慣れない事だったので
精神的にも肉体的にも時間的にも
まるで余裕が持てませんでした。

味噌カツも手羽先も食べられませんでした。



無事に手術が終わり
痛みやだるさに耐えながらも
日に日に回復していく様子を見ていると
「生きること」に対する
勇気や頑張りがリアルに伝わってきて
「よし、私も色々頑張るぞ」
と奮い立つのでした。

命の重さと健康な体の有難さを
痛いほど感じる貴重な時を経て
退院の目処が立ったところで
「早く元気バリバリになって遊びにおいでね」
と言い残し
帰ることにしたのですが
「あれ?結局 私 傍に居ただけで
大して何もしてなかったのでは?」
と気付くの巻。

ま、いいか。


デパ地下でお弁当を買い
新幹線に乗り込み
「さあ、食べるか〜〜〜」
と お箸を持った途端
様々な想いがウワーッと押し寄せてきて
涙涙で・・・
お弁当の味が分からなかったという。

泣きながら天むすを食べている中年女のことを
隣席の人はどう思ったかしらん?

IMG_20170815_145136.jpg

この度は
私の親戚のことなのに
「役に立って来い」
と快く送り出してくれた夫に感謝。

大事にしなきゃね。

行って来ました。
神撫会 東京支部会 総会。
高校の同窓会です。

ここは 年に一度 東京に居ながら
故郷と青春時代を堪能出来る貴重な場。

同じ学び舎で学んだ老若男女が
神戸弁でワイワイと
今年も盛り上がりました。

この会は私にとって大きなイベント。
やる気の源なんです。

IMG_20170606_145501.jpg
同窓生には世界を飛び回るマジシャンも!

では
3年前から振り返ってみましょう。

●2014年
調子に乗ってセーラー服着ちゃいました。
ウヒヒ〜♪

●2015年
かつて文化祭でお馴染みであった
ユースホステルの喫茶店「放浪癖」が
なんと東京で復活☆

●2016年
またまた 張り切って
「放浪癖」のお手伝いを☆


いやぁ 3年なんてあっという間ですねー。


昨年の私は
「来年はブラッシュアップして臨もう」
と意気込んでいましたが

今年、まさか膝がこんなことになってるなんて・・・。

「放浪癖手伝うよっ」
って威勢よく言っておきながらまったく・・・。

CIMG8795.jpg

みんな忙しいのに

「足大丈夫ですか?」
と頻繁に気にしてくれたり

「肩揉みましょか」
と言いながら 見えていたピップエレキバンを
ソッと隠してくれたり

飲み物や食べ物を持って来てくれたり

ジ〜〜〜〜〜ン。

ああ ありがとう。

私 サポートメンバーなのに
逆にサポートされてしまったわ〜〜〜。

フィジカルはちょっと残念でしたが
盛況だったし楽しかったし
会いたかった人に会えたし
甲子園への夢を叶えてくれた野球部
監督に直接お礼も言えたし
メンタルはメチャメチャ満たされたのでした。


関係者の皆さま、お疲れ様でした。
お力添えを下さった皆さま
本当にありがとうございました。


来年も行くで〜❤️

先日、誕生日を迎えました。

新しい齢の朝は
お友達に貰ったこんな紅茶を。

ああ、なんて素敵なフレーバー。

CIMG8544.jpg

滑り出しは快調だったものの
夕方に膝の痛みが増し
堪らず
整形外科に駆け込んだ私。

そして
医師の口から(二度も)出た
「加齢」という言葉。

華麗でも鰈でもなく 加齢なのか・・・。

「先生、私、今日まさに一つ加齢したんです」

と言おうかと思ったけど
自分を悲しくさせそうなので
やめておきました。

CIMG8545.jpg

厳しい面もありましたが
薔薇と温かい気持ちに包まれた誕生日。

夜 膝に湿布を貼り
頂いた誕生日メッセージを全て丁寧に読み
嬉しい気持ちで寝たところ
「宇宙旅行に出発する直前の機内の夢」
を見ました。

飛び立つ瞬間に興奮して叫んだら
実際に声が出てたようで
ビックリして起床。

いやしかし
ドキドキワクワク感が半端なかったです。
面白かったなー。

私の中で
50歳=未知の世界=宇宙
という感じで繋がったのかなぁ。

これから一年間
最後の40代を楽しみつつ
未知の世界へ踏み込む準備をしたいと思いまーす。

まずは膝を治そう。




先週
母の命日に
朝から母に話し掛けていました。

普段は心の中だけで語り掛けるのですが
命日なので声をオンに。

家の中だしね。たまにはね。

そして 夕方
仕事に出掛ける準備をしながら
母の写真に向かって

「今夜のナレ録り
赤坂やけど ママも一緒に行く?」

と言ったところ

「行く行くー♪」


ノリノリの返事があった気がしてビックリ。

おおーっ、遂に交信に成功したかーっ?!

きっと気のせいなんだけど
凄く嬉しくなって
私は母の魂を同伴し
仕事に行く事にしました。

IMG_20170122_224111.jpg

赤坂といえば

高2の秋
TBSのオーディション番組に出る為に
母と一緒に訪れた思い出の地です。


地方予選で

「あなたのような人を待ってたんです!」

と番組関係者にベタ褒めされ
意気揚々と上京したものの
呆気なく落ちました。

結果にガッカリしながらも
ミーハーな母娘は
都心の煌びやかさや
番組制作の雰囲気や
すれ違う大勢の芸能人に魅了され
ずーっと盛り上がっていました。

そして ハイテンションのまま
帰りの新幹線ひかり号に乗り
食堂車でビーフシチューを堪能。

「美味しいーーーっ」

ああ、非日常の楽しさよ☆


しかし

新神戸駅に着き
ホームで冷たい夜風に当たった瞬間
一気に現実に引き戻されました。

「明日学校行きたないわぁ」
「ママも仕事行きたないわぁ」

母の目が急に落ち窪んで見えました。

こうして 1泊2日の
赤坂オーディション二人旅は
幕を降ろしたのです。

IMG_20170122_210054.jpg

あれから約30年。

15回目の母の命日に
TBSのすぐ近くのスタジオで仕事をすることに
不思議な縁を感じました。

スタッフの皆さんには
一人のナレーターにしか見えなかったはずですが
実は 母親を同伴していたのですよ。
ウヒヒヒヒ。

母が
お一方お一方に

「有難うございます。
これからも娘をよろしくお願いします」

と言って回ってたの気付きましたか?

きゃ〜〜 オカルト〜〜☆

IMG_20170117_225339.jpg

この度は
ナレーターとして呼んで頂いただけでも
非常に有難かったのに
母を近くに感じるきっかけになって下さって
いやいやまったく
何とお礼を言ったら良いものか。

このご恩は生涯忘れません。

私にとって普通のお仕事ではなく
楽しく濃い特別な出来事になりました。

CIMG7428.jpg

お弁当も凄く美味しかったです。
本当に有難うございました。



母よ。
二度目の赤坂はどうやった?
私の仕事光景はどうやった?
(高級)仕出し弁当 美味しかったね〜。

CIMG7431.jpg

これまでずっと
記憶や夢の中でしか会えなかったけど
今日は一緒に過ごせた感じがするわ。
不思議やねー。

どうか安らかに休んで下されよ。
また会いましょう。
ほなね。

大晦日です。
一年が早かったーーー!

去年の大晦日はヨレヨレしながら
「ああ、長い一年だったなぁ」
と思っていたので
今年は充実していた模様。

CIMG7120.jpg
2016年最後の夕陽をバックにピース

心配な事が相次ぎ現在進行形ですが
その反面
心躍る日も多い年でした。

春には
母校野球部がセンバツに初出場。
甲子園に応援に駆け付け熱狂。
惜敗したものの まるで夢のようで
言葉に出来ない位の勇気を貰いました。

秋には
父の傘寿を
互いに元気な姿で祝うことが出来て万歳。
大きな節目。大きな喜び。
80歳。素晴らしい!

CIMG7117.jpg

年女だった私。
色んなことにチャレンジした年でもありました。

結果は
破れたり落ちたり掴めなかったりと
芳しくなかったものの
攻めた自分にOKを出しましょう。

久々に復帰した顔出しの仕事は
色々と無理が出てきて休止しましたが
秋から始めた書道は続けることにしました。
来年1月から先生に教わります。

課題は
正しい楷書と正しい行書。

CIMG7104.jpg


初めての検定に落ちた後
誓いを込めて丁寧に「再挑戦」と書き
ブログに載せていました
まさかの誤字でした。

「戦」の大事な部分が欠けていたという。
刀を忘れて戦に出たウッカリ侍みたいなり。

驚愕。
さすが私。
(小学校時代の私が今の私を見たら怒るだろうなー)

もしや、検定の字も
堂々と誤字を書いていたのでは?
と自らを疑っています。


Kさん
知性とユーモアと配慮に満ちた
素敵なご指摘メールを
有難うございました☆

CIMG7048.jpg

間違ったまま年越ししなくて良かった〜。

ウフ。
最後まで周囲の方々に支えて頂いた私です。



皆様、今年も有難うございました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい☆