ナレーター 主婦 人間 生物として 色んなところでズッコケている 女優の日々 〜第二章〜
卵を切らしていたので
今日は必ず買おうと思っていた。

そして
最初のスーパーで真っ先に買った。
ホッとした。

DSCF1413.jpg
甲州街道から見た富士山

私は
四つのスーパーを渡り歩き
それぞれで特売品を買うのが常だ。

スーパーには商品だけではなく
沢山の人間模様が存在している。

二軒目で大根を選んでいた時のことだった。
3、4歳の女の子に
ダウンの裾を引っぱられた。

「なあに?」
と優しく問いかけるとその子が
「ママじゃな〜いっっ!」
と叫んで泣き出した。
(何故か私はこういう事が多い)

集まる視線。
えっと、え〜っとぉ。

間もなく
本物のママが駆け付けてホッとしたが
なんと
ママの服装も年齢も身長も顔も
私とはまるで被っていなかった。

あの女児は 何故
私をママだと思ったのか・・・。

驚いた。


そんなことを経験しながら
全てのスーパーを巡り
家に帰ってさらに驚いた。

DSCF1410.jpg

卵を買ったことをすっかり忘れ
4軒目でも卵を買っていた。

「特売」という文字を見て
反射的に手が出たらしい。


嗚呼
私って・・・私って・・・。


キッチンで固まっているところに
ハモラー登場。

「どうした。ボーッとして・・・んん?
何で卵が2パックもあるんだ?!」

事情を説明すると

「オマエ・・・大丈夫か?」

と優しくされてしまった。

出来ればいつものように
バカにして欲しかった。


大丈夫だろうか。私は。


DSCF1416.jpg
連日クリアな空です

いますよね。

責任感が強いのに詰めが甘い人。

周囲のフォローなしでは完結出来ない人。

頑張ってるんだけどチョット惜しい人。


・・・私です。


大事な事を
不慣れながらも
気持ちを込めて取り組んで完了し
「この件は私の割には出来たな〜」
と思っていたところ
案の定 問い合わせが。

ミステーク発覚。

なにこれ信じられない!
というか
やっぱり、やっちまってたか!

さすが 私。

「ごめんなさい」と「有難う」の夜。

「ここにもかなりの天然がいるから安心してね」
なんて激励メールも貰い
嬉しいやら情けないやら。

いやしかし
早く指摘してくれて良かった〜。
みんなを戸惑わせるところだった。
助かったよ。ヤヨ。

悔しいが
いつもオマエさんは良い仕事をする。
疲れてるところに
時間を取らせてしまっててごめんな。


嗚呼
24歳までの私は
自他共に「しっかり者」という認識だったはず。

なのに何故かそれ以降
どんどん緩くなり進み
最近は「隠居脳」などと揶揄されるまでに。

ただ、私には
フォローしてくれる優しくて出来る人が
どのコミュニティーにもいるから
これが凄い強み。

・・・あ・・・

だから脳が甘えちゃうのかな?
詰めが甘くなっちゃうのかな?

とにかく
感謝と誠意だけは忘れずに
明日からも精一杯生きるぞー。

DSCF9910.jpg

お日様 さようなら。
今日も有難うございました。
また明日も宜しくお願いします。

私にとっては毎日がチャレンジ。
頑張れポンコツ☆


● 体重は −0.2kg。とりあえず あと 0.8kg

私にしては早い時間に起き、眠い目をこすりながら走って英会話へ。
前回のレッスンは、仕事が入り欠席したので久々です。

「Good morning. Long time no see」
と口の中で確認しながら教室へ。

が、しかし、誰もいません。
「・・・へ・・・?」

今日は・・・第一月曜日か・・・。
日にちを間違えたわ。

ひょえ〜〜。一気に目が覚めた〜〜。

事務局の人に
「来週お待ちしてます」
と気の毒そうに言われながらセンターを出ました。

落ち込んでいても仕方ないので買い物を。
きゃっ、大きな大根が98円!ラッキー☆
と思いきや
帰路、その大根が袋を派手に突き破り、ピンチに。
雨の中、抱えながら帰宅。

DSCF7727_20140708010152500.jpg

妻の早い帰宅に驚くハモラーと、喜ぶ安奈。

「日にち間違えた」
「またか。このヌケ作三太郎(間抜けの意)!」

ええ、ええ、私はマヌケでウッカリ者よ。
何とでも呼ぶがいいさ。
そこに愛があるならば。

仕事や人との約束ではこんな間違いはしないんだけど
自分の事には隙だらけ。



午後は、お中元を持ってハモラーの実家へ。

今日の出来事を話すと
「ゆかさん・・・まだ若いのに・・・」
と、義母に本気で心配されてしまいました。

こんな嫁でごめんね。お母さん。
でも、お義姉さんがしっかり者だから
足して2で割ってちょうどいいでしょ?

軽い頭痛を感じながらも出されたお菓子を完食。


家に戻って散歩と家事三昧。

お風呂に入って頭痛は治まったけど
空も私も厚い雲に覆われた一日だったな。

今日は七夕だというのに。

午後から晴れました。
青い空、白い雲、樹々の緑。
深呼吸してみる。
ああ、この景色、この空気だけで、何て幸せ。

DSC_1490.jpg


てんとう虫 発見!
あら〜、なんだか久しぶりじゃない?
元気だった?

DSC_1487-1.jpg


やはり、この時期はあちこちで紫陽花が目に付きます。
このピンクいいわぁ。
派手すぎず地味すぎず・・・いいわぁ。
マーコの顔より大きいこのピンク紫陽花にハートを鷲掴みされちゃいました。

DSC_1492.jpg

夕方、久しぶりにマッサージへ。
30%OFFのチケット、大事に取ってて良かったなり。

40分の施術後、岩のように凝り固まっていた体がスッキリ!
頭はポワワ〜ン。

施術者に
「生き返りました」
と言おうとして
「生まれ変わりました」
と言ってしまい、取り繕おうとして
「新しい自分に」
と付け加えたら、ちょっと大袈裟な感じになったにょろ。

む〜〜〜、今日も言葉がチョット(大分?)ずれちゃった。
初対面の人の前でやっちゃうと凹むわぁ。

私の人生から「恥」という文字は消えない。
これまでも。そして、きっとこれからも。

こんな私なのに、明後日、大きな会場で司会をするのよね・・・。
大丈夫かなぁ?
つつがなく進行出来ますように。
これから台本を読んで、三中と長田の校歌を練習して寝ようっと。

普段からウッカリしがちなのだけど、この二日間は特ににひどくて、
いたるところでポカをしている。

何度ミスをし、何度謝ったことか・・・嗚呼。

まず、通信(メール&電話)でのミス多発。
・・・私、会社員には絶対向いてない。
なったとしても、特に事務処理でミスをして足を引っ張るタイプだろうな。

DSC_1287.jpg
チューリップの球根の掘り上げ。ありゃ、今年は小粒なりね〜。

街中でも残念だった。

前を行く若い女性の自転車のカゴから納豆パックが落ちたので拾って渡したら
「ありがとうございます」
と爽やかにお礼を言われたので
「どういたしまして」 と返そうとして
「どういたしました
と言ってしまった。しかもかなり笑顔で。

相手が笑ってくれたらまだ救われただろうが、私も相手も微妙な顔のまま会釈して別れた。
立ちこぎで去って行く彼女の後ろ姿を、ただボーッと見た。

「変な人」と思われたか?

脳が疲れているのか?
明日は治ってるといいけど。

が、がんばろ〜。